面接の短所!あがり症はどうアピール?

   

就職活動の面接って、緊張しますよね。
「緊張しないようにしなきゃ」と思うほど、
あがってしまうのは、何故なんでしょう?

特に「あがり症」と自覚している人は、
面接に、苦手意識があるのでは、ないでしょうか。

スポンサーリンク

私も緊張しやすいので、面接では手が震えたり、
頭が真っ白になったりするタイプです。

 
ここでは、面接では短所になりがちな、
「あがり症」について、どうアピールするかを、
ご紹介します!

188870745bdab7a60bed2b8119ccc93f

短所としてアピールする場合

就職の面接で、よく聞かれることとして、
長所」と「短所」があります。

 
この「短所」を、「あがり症」とした場合、
どう対策しているか」をアピールすることが、大切です。

  • 例1:「私の短所はあがり症ということです。
    人前だと緊張しやすいので、話すことを事前にまとめて、
    話す練習をしています。

    今回の面接でも、周囲の人に面接官になってもらい
    面接の練習を繰り返しました。緊張しやすいからこそ、
    準備を万全にして、本番に臨むようにしています。」

  •  

  • 例2:「私の短所は、あがり症ということです。
    以前から克服したいと思っており、大学時代に、
    思いきって、英語でのスピーチコンテストに出場しました。
     

    コンテストまで、猛練習の日々でした。
    当日は手が震え、頭が真っ白になりましたが、
    なんとか最後まで、スピーチを終えることができました。

    自らに試練を与えることで、自信がついて
    以前よりあがりにくくなったと思います。」

 
このように、短所である「あがり症」を、
具体的に「どう対策しているか」を話せれば、
面接でも、プラスに受け取ってもらえます。

スポンサーリンク

面接でのあがり症対策

面接そのものであがってしまい、頭が真っ白…。
言いたいことの半分も言えずに、面接が終わってしまう。

 
こんな経験、私もあります。悔しいですよね。

 

でも、よく考えてみてください。

せっかく、面接官の方が、時間を割いて下さっているのに、
面接でアピールできないのは、もったいないですよね。

そこで、面接でのあがり症対策を、ご紹介します。

  • 「緊張しています」と面接官に伝える
    面接がはじまるタイミングで、面接官に「緊張しています」と
    一言伝えることで、緊張が和らぐ場合があります。

    例:「○○大学の○○です。本日は緊張していますが、
    一生懸命頑張りますので、宜しくお願いいたします。」

  •  

  • 感謝の気持ちを忘れない
    面接官は、貴重な業務時間を割いて、
    あなたの面接をしてくれています。

    書類審査で落ちて、面接に進めなかった人も
    いるかもしれない中で、運よく面接してもらえるのです。

    その、感謝の気持ちを持っていれば、あがりすぎず、
    きちんと、面接官にアピールできると思います。

  •  

  • 場数を踏む
    何といっても、イチオシは「場数を踏む」ことです。
    本命の面接の前に、2~3回は面接を受けられるように、
    スケジューリングすると良いでしょう。

    面接で聞かれることは、大体同じですので、
    1回目の面接で、もし上手く答えられなくても、
    2回目の面接へ向けて、対策ができます。

    自他共に認める「あがり症」の私は、この方法で、
    第一志望の企業に、内定をいただきました!

132464-300x300

いかがでしたか。

面接での「あがり症」のアピール方法を、
ご紹介しました。

 

「あがり症」は、
なかなか克服するのが、難しいですよね。

でも、緊張しやすいことで、逆に面接官からは
志望度が高い」「真剣」「真面目」などと、
プラスに評価されることも、あるそうですよ。

 
単なる短所では終わらない、「あがり症」。

ぜひきちんと対策をして、
面接でアピールしてみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 面接・履歴書に関すること