面接で短所を聞かれたら?優柔不断を強みに変える方法!

   

「あなたの長所と短所を教えて下さい」

 
就職やアルバイトの面接で、よく聞かれる質問の一つです。

スポンサーリンク

 

長所は、自己アピールとほぼ同じようなもので、
まだ考えようもあります。ですが、短所となると…。

正直に、自分の悪いところを伝えてしまって、
マイナスイメージにならないだろうか?

と、戸惑ってしまいますよね。

 

自分の短所について述べる場合には、ちょっとしたコツが、
あるのです。

短所の一つとして、よく挙げられる「優柔不断」を例に取り、
短所なのにプラスイメージに変えてしまう、
コツをお教えしましょう!

面接

何故面接官は短所を聞くのか

具体的な回答例を挙げる前に、そもそも、
何故面接官は短所を聞くのでしょう?

 

面接官は、短所を聞くことにより、志望者の、
以下の素質を見たいと考えています。

  • 自己分析がきちんとできているか?
  • ポジティブシンキングができる人か?
  • その企業に適しているかどうか?

 
このことを、踏まえた上で、「優柔不断」という短所を、
どう伝えるか?という事が、ポイントになります。

スポンサーリンク

優柔不断である=物事を慎重に考えることができる

回答例

「何かを決める場合、いろんな面を考慮しすぎて、
決めかねることがあります。その為、常に優先順位を考え、
判断基準とするよう努めています」

迷いやすい、という印象よりも、じっくり考えるタイプである、
という事をアピールしましょう。

 

自分の短所をしっかりと把握している人は、
きちんと自己分析ができている、と評価されやすいです。

短所をただの短所で終わらせるのではなく、
捉えようによっては、長所ともなる、と、
思わせることも、ポイントです。

 

短所に対して自分が努力していることを伝える

回答例

「短所は優柔不断なところです。ただ悩むだけではなく、
情報収集などの行動を起こし、素早く的確な判断ができるよう、
努めています」

この回答では、短所をカバーするために、ちゃんと、
行動を起こしていることを、アピールしています。

 

短所だからと諦めるのではなく、それを克服するために、
前向きに行動できる=ポジティブシンキングができる
ということを、伝えています。

 

面接先の仕事内容に沿って答えを変える

回答例(一般事務の場合)

「何事も、吟味して慎重に考えるので、
優柔不断になりがちです。ですが、確実に、
物事を進めていくことができます」

一般事務だと、細かいチェックや丁寧な仕事が、
要求されることが多いです。慎重かつ確実に、
作業を進められる、という点をアピールしましょう。

 

回答例(接客業の場合)
「いろんな人の意見に耳を傾けるので、判断に迷うことが、
あります。ですが、状況に応じて、最善の方法を取れるよう、
心がけています」

様々な人を相手にする接客業。協調性が重要視される、
職場です。人の意見も取り入れつつ、臨機応変に対応できる、
という点をアピールしています。

面接

いかがでしょう。同じ「優柔不断」という短所でも、
様々な答え方がありますね。

 

最も重要なのは、あくまで、
「自分の言葉で伝えること」です。

経験談を交えつつ、自分の短所をプラスに変えて伝えると、
面接官に「できるやつ!」と思わせることができるかも!?

スポンサーリンク

 - 面接・履歴書に関すること