ネイルサロンの独立!開業には何を準備すればいい?

   

自宅などでも、手軽に開業できることから、
ネイルサロン独立開業したい」
という女性が、増えています。

スポンサーリンク

 
私も、今は都内のネイルサロンに勤めていますが、
いずれは独立して、地元で開業するのが夢です。

でも、ネイルサロンを独立開業するためには、
具体的には、どんなことをすればいいのでしょうか?

自宅でネイルサロンを経営している先輩がいるので、
独立開業の方法について、話を聞いてみました。

ネイル 独立

ネイルサロンを独立開業するには?

先輩は、
「ネイルサロンを独立開業するためには、
いくつか準備するポイントがあるよ。」

と、具体的な独立開業の方法について、
いくつか教えてくれました。

ネイリスト関連の資格をとる

ネイルサロンは、資格がなくても開業できるので、
資格が絶対に必要という訳では、ありません。

でも、施術のクレームや、爪の病気といった
トラブルを防ぐためにも、きちんと勉強して、
資格を取得することを、オススメします。

具体的にオススメの資格はこちらです。

  • ネイリスト検定1級
  • ジェルネイル検定上級
  • 衛生管理士

ネイリストが、爪の知識を身につけていると、
お客さんも、安心できますよね。

資格取得のためには、スクールに通うのが
一般的ですが、独学でも取得できます。

スポンサーリンク

資金を調達する

ネイルサロンは、比較的少額で開業できる
とはいえ、やはり資金は必要です。

先輩も、
「私は開業までに、300万円貯金をしたよ。」
と、話してくれました。

具体的にかかるのは、以下の費用です。

  • 家賃(自宅以外で開業する場合)
  • ネイルの材料やジェルネイル用LEDライト
  • 水道光熱費
  • 内装用資材代
  • 広告宣伝費(チラシなど)

開業後すぐに利益は出ないと考えて、
開業後の生活費なども、半年分くらいは、
準備しておきたいですね。

 

経営のノウハウを学ぶ

ネイルの技術を磨くことはもちろんですが、
技術以外の、ネイルサロンの経営方法についても、
学んでおくことが大切です。

例えば、Excelなどのソフトを使いこなせれば、
収支計算をするときに、役立てることができます。

HTMLの知識を持っていれば、
自分でホームページを立ち上げることも可能です。

また、集客方法についても、独立前の勤務先で
得た知識やノウハウを、活かすことができます。

ネイリスト 独立

まとめ

いかがでしたか。
ネイルサロン独立のために、やるべきことに
ついて、先輩に話を聞いてきました。

先輩は、
「ネイルサロンの独立は、ネイルが好きという
だけでは、考えないほうがいいよ。」

と、教えてくれました。
その理由は、以下のようなものです。

  • 施術後のアフターケアも全て自分の責任
  • お給料が安定しない

その反面、メリットもあると教えてくれました。

  • 自分の好きなネイルのデザインができる
  • ずっと続けられる

結婚や出産で、環境が変わりやすい女性にとって、
子どもができたり、夫の転勤があっても、
ずっと続けやすいネイリストは、魅力的ですよね。

 
私は、先輩の話を聞いて、
ますます、ネイルサロンを独立開業したいと、
思うようになりました。

まずは、勤務先でネイリストとしての腕を磨いて、
開業資金を、準備しようと思います。

これから、ネイルサロンを独立開業したいと
思っている人は、ご紹介した内容を、
参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

 - 美容系のお仕事に関すること