妊娠したから仕事を辞めたい!介護職ではどうしてる?

   

念願の赤ちゃんを授かった!

産休中 休暇

それは、本当に嬉しいことだけど、
同時に、多くの働く女性が考えることになるのが、

妊娠が分かった後、仕事は続けるべきかどうか。

 
特に、体力仕事である介護職は、
妊娠発覚してから、いつまで続けるべきか、
悩みどころですね。

 
お腹の赤ちゃんが心配だから、すぐにでも辞めたい!
そう考える方も、多いはず。

でも、ちょっと待って!

実は、働いた方が赤ちゃんにとっていい
こともあるんです!

スポンサーリンク

ここでは、介護職に就いている、
先輩ママ達は、実際にどうしたのか、紹介します!

 

仕事を続けるメリット!

実体験の話のなかで、最も多かったのが、
「妊娠が分かったあとも、仕事を続けた」
という人でした。

cbf6ce90111aa445d4400df041afcaa2-300x240

実は、妊娠したら絶対安静した方が良いかと言うと、
答えは、「NO」なんです。

 
むしろ、家でダラダラと過ごす方が、
難産の可能性は、上がってしまいます!

運動不足で、子宮周りの筋力が低下するからなのです。
その結果、帝王切開での出産が、多くなります。

 
現在、5人に1人が帝王切開で出産する
言われていますが、その原因のひとつが、
筋力の低下だと、言われています。

その為、仕事を続けることは、
妊婦にとって、決して悪いことではないのです!

 
ちょっとした振動や、力仕事では、
流産しないそうですし、実際、介護職を
臨月まで続けられた方も、珍しくないようです。

 
妊婦の方の中には、産後に必要なお金のために、
働く人もいらっしゃいます。

仕事内容にさえ気を付ければ、
妊娠7~9ヵ月くらいは、
続けられるという方が、多いんですよ!

スポンサーリンク

妊娠をしても仕事を続けるために

妊娠が分かったら、
すぐに、上司や同僚に連絡するようにしましょう!

 
中には、流産が怖くて、報告をしなかったり
安定期に入ってから、報告をする方もいるようですが、
なるべく、早く知らせた方がいいです!

流産してからでは、遅いので、
そのリスクを、ちゃんと減らしましょう。

 
そして、お腹の赤ちゃんに配慮した
仕事内容にしてもらいましょう。

例えば、職務内容を力仕事が少ないことに、
変えてもらいましょう!

 

また、転倒する可能性のある、介助入浴などは、
違う人に、変えてもらいましょう。

さらに、生活が不規則になってしまうため、
夜勤も止めさせてもらうべきです。

 

仕事を辞めた理由は?!

実際のところ、妊娠報告した後の会社の対応は、
人によって、様々なようです。

 
妊婦を最大限に労わってくれるところもあるけれど、
中には、「忙しいから無理だ」と言われたり、
文句を言われたりするところも…。

それでも、仕事を続けるかどうかは自由です

文句を言われても、無視して仕事を続けた方もいれば、
精神的にキツくなって、辞めた方もいます。

 
また、妊娠中に配慮してもらえないなら、
産後も苦労するだろう、と判断して、
辞める方もいます。

 
デスクワークに変えてもらったけど、
それでもキツくて、毎日しんどかった!
という方もいました。

その方は、毎日帰宅すると
倒れるように、寝ていたとか…。

職場の環境が悪かった、
身体的・肉体的に耐えられなかった、
といった方が、辞める傾向にあるようですね。

 

もちろん、仕事を辞めることは悪いことではありません!
赤ちゃんを守ることができるのは、妊婦だけなのです。

自分の体に、しっかり配慮してくださいね!

30bf2ce0f1fde5443ddf6a4d4aec71ef

最後に

直ぐに介護職を辞めることが、必ずしも
いいこととは限らない、と分かって
いただけたでしょうか?

しかし、
人によって、妊娠の大変さの度合いは様々です。

しんどい時は、必ず仕事よりも自分の体を、
優先させてあげてくださいね!

それでは、元気な赤ちゃんが生まれますよう、
願っています!

スポンサーリンク

 - 退職に関すること, 介護系のお仕事に関すること