扶養家族の条件!年金受給者でもなれる?

   

わたしの親も対象になるのだろうか
扶養家族に、年金を受け取っている親を、
入れたいと思う人は、たくさんいます。

 
わたしの親も、年齢を重ね、今後、
扶養の必要な時が、来るかもしれません。

138184-300x90

気になっていても、仕方がないので、
自分と家族の将来に備えて、調べてみました!

調べてみたら、可能なようです。
でも、すべての人ではないみたいです。

扶養対象者になるためには、条件があります。

 

ということで、今回は、年金受給者を、
扶養家族にするための条件を、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

二種類の扶養

わたしの親友に、年金や税金に、
くわしい人がいるのですが、彼曰く、法律に、
扶養家族」という制度はないようです。

 
扶養に関し、2種類存在します。
それは、「健康保険」に関することと、
」における扶養が、あります。

この二つに関して、
年金を受け取っている親を、扶養対象にするには、
どんな条件を、満たしている必要が、あるでしょう?

一つずつ、見てみましょう。

健康保険

健康保険における扶養者を、被扶養者といいます。
まず、その扶養される親の年収、つまり、
受け取っている年金額が、いくらかによります。

一つ目として、60歳以上の場合、
年間180万円未満の、年金額である必要があります。

 

月で割ると、
月額15万円未満であることが、求められますね。

それだけではありません。
年間に受け取っている年金額が、扶養する人の年収の、
二分の一未満
である必要があります。

 

もし、親が年間に、180万円もらっているのであれば、
わたしたちの年収は、
360万円以上である必要がある、ということですね。

同居か、別居か、これも、被扶養者になれる、
なれないに関係するのでしょうか?

 

関係します!

 

直系尊属、例えば、自分の父母・養父母は、
同居していなくても、扶養対象者になれます。
配偶者の親の場合は、同居していることが条件です。

 

では、次に、
「税」における扶養について、見てみましょう。

この税とは、所得税です。

 

この扶養される家族は、「扶養親族」といいます。
年金受給者は、どんな条件をみたしていれば、
扶養親族に、なれるのでしょうか?

条件として、年金の年間所得見積額が、
38万円以下でなければ、なりません。

この年金による所得とは、公的年金による収入から
公的年金控除額を引いた額です。

da9c8fe340571bb3c3001d536a63234d-300x155

この図で、計算すると、65歳未満の場合、
受け取る年金額が、108万以下であることが必要です。

また、65歳以上の場合は、受け取る年金額が、
158万円以下であることが、条件となります。

 

まとめ

いかがでしたか?

条件を満たせば、年金を受給している親であっても、
二種類の扶養に入れることがわかりましたね?

 

その二つとは、
健康保険」と「」でした。

どちらの条件も満たし、
これまで親がしてくれたことに対して、
感謝を少しでも、示せたら良いですよね。

スポンサーリンク

 - 税金に関すること