会社でのエレベーターマナー!降りるときの3つの注意点!

      2016/04/19

仕事中に使う道具は、たくさんありますが、
エレベーターは、特に注意が必要。

 
上司や先輩、お客様と、
一緒に乗るって事は、日常茶飯事。

なので、マナーがなっていないと、
あいつは、仕事が出来ない奴って、
レッテルを、貼られかねません。

 

エレベーターに乗るときは、
目上の人から乗るって基本がありますが、

降りるときも、やっぱり目上の人から?
でも、入り口近くにいるのは自分だし、自分から?
他にも降りるときに、気をつけることってありそう。

そんな悩みを、解消する為、
エレベーターを、降りるときに、
注意するべき事を、まとめました。

スポンサーリンク

エレベーターを降りる時の注意点

エレベーターを降りるときの順番としては、3パターンあります。

  • ①目上の人から、降りてもらう
  • ②「開」ボタンを、押してもらったら、お礼を言う
  • ③自分からしか、降りられない時は、自分から降りる

エレベーターに、乗るときも降りる時
目上の人からが、基本ですが、

状況的に、どうしても自分が先に、
降りなければならない時が、あります。

 
そんな時は、無理をせず自分から、降りるようにします。

また、操作盤を操作してもらったら、
お礼を言うのも、忘れないようにしましょう。

 

では3つの注意点について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

①目上の人から、降りてもらう

降りる時の基本は、
お客様・上司・先輩・自分の順番です。

特に、お客様をご案内しているときは、
降りられたあとに、どっちに行けばいいのか、
迷わないように、

「あちらでございます。」や「右側でございます。」と
一言添えるようにしましょう。

そうすることで、スムーズに誘導する事ができます。

 

②「開」ボタンを、押してもらったら、お礼を言う

自分が操作盤を操作している時は、
問題ないのですが、
他の人が操作していた場合、

「開」ボタンを押して、ドアが閉まらないように、
してくれる事がほとんどです。

そんなときは、
「ありがとうございます。」や「失礼します。」など、
お礼を述べると、高感度も上がると言うものです。

 
お礼を言うのは、当たり前じゃないか。
そんなこと、わざわざ言われなくても、分かっているよ。
となるかもしれませんが、

普段顔を合わせることの無い、
上司と一緒になった時や、
お客様をご案内している時は、

緊張してしまって、操作をしてくれた人に、
お礼を忘れるって事が、多々あります。

意外と、そんな時の対応を見られていて、
お礼も言えない、と思われ評価が下がった
なんて事もあったりします。

いつもはしているのに、
緊張して忘れましたは、通用しません。

 
当たり前の事ですが、
お礼は忘れないようにしましょう。

 

③自分からしか、降りられない時は、自分から降りる

目上の人は、普通は上座である、
エレベーターの奥にいます。

そうなると、エレベーター内が混雑している場合、
自分が降りないと、後ろの人が
降りれないといった状況が、ありえます。

 
無理に横へよけてもいいのですが、
それでは他の人に迷惑が、かかってしまします。

そんな時は、目上の人に「お先に失礼します。」と、
言ってから降りるようにしましょう。

その方がマナー本来の目的である、
相手を思いやる気持ちが、発揮されます。

 
基本は、目上の人が降りるのが先だけど、
例外的に、状況によっては自分が先という事です。

 

まとめ

会社でのマナーって、たくさんありますが、
間違って覚えていたり、そもそも知らなくて、
恥をかいた、なんて事は、避けたいものですね。

マナーというのは本来、
相手に、気持ちよくなってもらう、気遣いです。

その事を、念頭に社会生活を過ごすと、
マナーが、堅苦しいものに、
感じなくなる、かもしれませんね。

相手を思いやり、自分本来の力を発揮して、
会社で、活躍してくださいね。

スポンサーリンク

 - マナーに関すること