扶養家族って何?知っておきたい税金と健康保険との違い!

   

先日、前の職場の同僚たちとランチをしていたら
子供が、アルバイトをしたがっている!
という話題になりました!

何でも、元同僚の子供が
今年、大学生になって一人暮らしを始めるのを期に
アルバイトを、始めるらしいんです。

元同僚は、子供がアルバイトをしてくれたら
その分、仕送りなども減らせるし、助かる!
と言っていたのですが

でもそこで、気になるのが
扶養の範囲内で働く」ということ。

スポンサーリンク

 
扶養を外れて働いてしまうと、収入によっては
税金などの面で
返って、損をしてしまう事があるんですよね…!

でも、この「扶養の範囲」って
厳密には、いくらなんでしょうか…?

元同僚たちとの間でも
103万を超えれば扶養を外れる」
「いやいや、130万までは大丈夫なんでしょ?」

なんて、意見が分かれてしまいました…
扶養家族の問題って、なんとなく聞いたことはあっても
詳しくはよく、わからないですよね…

そこで、この問題について調べてみました!

b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s-300x200

扶養家族の定義は制度によって違う!

扶養家族とは、一般的に
本人の収入で、養っている家族」を指し

この扶養家族の有無が、所得税や社会保険など
色々な制度の優遇措置と、関係してきます。

 
扶養家族がいると税金の控除がある、とか
自分の保険に、扶養家族も入っている、などという事を
意識している人も、多いですよね。

でも、この扶養家族って
具体的にはどういうことなのかと、聞かれると
ちょっと、説明しづらいですよね…

それは、それぞれの制度によって
この扶養家族の認定基準が、異なるからなんです。

そこで、ここでは
私たちの生活に、特に密接な関係がある

所得税法上の、扶養家族と
健康保険上の、扶養家族との違いについて
それぞれ、まとめていきますね!

所得税法上の、扶養家族

所得税法上、扶養家族として認められる要件は

  • 本人と生計を共にしている
    6親等以内の血族と3親等以内の姻族
  • 白色申告者の事業専従者ではなく
    また、青色申告者の事業専従者として
    その年を通じて一度も、給与の支払を受けていない者
  • その年の合計所得が38万円以下の者であり
    他の人の扶養家族になっていない者
    (会社員などの給与所得者なら、103万円以下)

となっています。

扶養家族がいる事によって
本人は、所得控除を受ける事ができます

スポンサーリンク

健康保険上の扶養家族

健康保険の場合には
所得税法上の扶養家族よりも、少し複雑です。

まず、対象となる者の身分

  1. 本人の父母、祖父母などの直系卑属や
    配偶者、子供、孫および弟妹
    (法律上の配偶者がいなければ、内縁関係にある配偶者)
  2. 本人と同居している、三親等内の親族と
    内縁関係にある配偶者の、父母および子供

となります。
2の場合には、本人との同居が必要ですが
1の場合には、本人との同居は必要ではありません

これらの者が

  • 年間収入が、130万円未満
    (60歳以上、又は障害厚生年金受給者は180万円未満)
  • 本人と同居している場合には
    その者の年間収入が本人の年間収入の、半分を超えない
  • 本人と同居していない場合には
    本人の、仕送りなどの援助に頼って生活しており
    その者の年収が本人の援助額よりも、少ない

という要件を満たすと
扶養家族として、認定されます。

この、扶養される者の年収は、
所得税の場合には、その年の1月から12月までの収入
が基準となるのに対して

健康保険の場合には、将来の見込み額で判定するため
例えば年の半ばまでは、高額の収入を得ていたが

退職などにより、将来の収入が130万円未満となる者
であっても、被扶養者として申請する事が可能です。

健康保険上の、扶養家族として認定されても
本人の健康保険料には、変動はありません
扶養家族は、保険料を払う必要が無くなります

e528beb19e925056033da65eaa428c63_s-300x200

まとめ

所得税法上では、年間給与所得103万円未満
健康保険上では、年収130万円未満であることが
扶養の条件に、なっているんですね…

たしかに
103万の壁や、130万の壁
なんて言葉を、よく耳にします!

いつも、金額がまちまちだなぁと
疑問に思っていたんですが

これは各制度ごとの
扶養の範囲の違い、によるものだったのか…!

元同僚の子供が
アルバイトで、103万円を超えて働くと

子供を扶養している、元同僚の旦那さんの
所得税への、扶養控除がなくなり

130万円を超えて働くと
元同僚の子供は
自分で、保険料を支払わなければならなくなる

というように
段階的に、負担が増えていくんですね…!

元同僚たちの間で、意見が別れはしましたが
誰も、間違っているわけではなかったんですね♪

早速、元同僚たちにこの事を話すために
またランチ会を、企画しちゃおうと思います☆

スポンサーリンク

 - 税金に関すること