扶養家族ができた!税金はいくら減る?

   

税金!
払わないといけないことは、知っているけど、
その額が、少なければ、うれしいですよね。

スポンサーリンク

わたしは、最近知ったのですが、
独身時代と、養う必要のある家族がいるのとでは、
税金の額が、異なるのを、あなたは、知っていますか?

 

どのくらい、その額が異なるのでしょうか?
扶養家族ができると、税金いくらになるか?
計算してみました!

 

税金額

この税金額ですが、年齢や、立場、
収入額によって、控除額が異なります。
例えば、配偶者は仕事をしているかなどです。

 
今、日本の20~40代の人の平均年収の80%は、
400万円以下です。

それで、年収350万円の人が、
独身」「配偶者あり」「親と同居」という状況では、
どのように税金額が違うのか、見てみましょう!

 

払うべき税金は、「所得税」と「住民税」があります。
どちらの額も、出してみましょう。

 
理解しておくべきこととして、
基礎控除額が、あります。

一人につき、所得税は、38万円の控除、
住民税は、33万円の控除となります。
これも、理解しながら、見てみます。

スポンサーリンク

独身

  1. 所得税
  2. 収入金額(350万円) - 必要経費等(123万円)
    = 所得金額(227万円)

    ここで言う「必要経費等」とは、
    仕事を行っていくうえで、必要な費用です。

    例えば、交通費・接待費・家賃、
    水道や光熱費、などです。

    サラリーマンは、「必要経費等」を、
    特定支出控除として、受けることができます。

    「会社からの照明」をもらい、資格取得費勤務必要経費
    例えば、図書費・衣服費などを、あげることができます。

     

    所得金額(227万円) - 所得控除(38万円)
    = 課税所得金額(189万円)

    この課税所得金額によって、税率が異なります。

    このグラフを見ると、この人の場合、「195万円以下」、
    なので、税率は、5%ですね!

     

    課税所得金額(189万円)×税率(5%)=年間の所得税

    この計算をすると、独身の際の所得税は、
    94,500円」となります。

  3. 住民税
  4.  

    所得金額(227万円) - 所得控除額(33万円)
    = 課税所得金額(194万円)

    課税所得金額(194万円)×税率(10%)=年間の住民税

    住民税の税率は、例外のある地域もありますが、
    全国的に、ほぼ10%(県民税4%+市民税6%)です。

    独身の際の住民税は、「194,000円」となります。

では、これをもとに、他の場合と、比べてみましょう。

 

配偶者有(仕事していない)

状況が変わっても、所得金額(227万円)は、同じです。
ここからの計算が、異なります。
基礎控除だけでなく、配偶者控除も、プラスされます。

配偶者は、年間合計所得金額が、
38万円以下なら、この控除を受けることができます。

 

  1. 所得税
  2. 所得金額-基礎控除-配偶者控除
    (2270,000-380,000-380,000)
    = 課税所得金額(151万円)

    課税所得金額(151万円)×税率(5%)=75,500円

    所得税額は、「75,500円」となりましたので、
    独身の時より、「1万9千円」安くなることがわかります。

  3. 住民税
  4.  

    所得金額- 基礎控除- 配偶者控除
    (2270,000-330,000-330,000)
    = 課税所得金額(161万円)

    課税所得金額(161万円)×税率(10%)=16,1000円

    独身の時より、「3万3千円」安くなります。

70歳以上の親

こちらは、さらに、控除額が増えます。
今後、私たちが、直面することとして、
親の介護が、ありますね。

その際、控除額は、どのようになるのでしょうか?
この場合、基礎控除扶養控除が、足されます。

 

  1. 所得税
  2. 所得金額- 基礎控除- 扶養控除
    (2270,000-380,000-580,000)
    = 課税所得金額(131万円)

    課税所得金額(131万円)×税率(5%)=65,500円

    所得税額は、「65,500円」ですので、
    独身の時より、「2万9千円」安くなります。

     

  3. 住民税
  4. 所得金額- 基礎控除- 扶養控除
    (2270,000-330,000-450,000)
    = 課税所得金額(149万円)

    課税所得金額(149万円)×税率(10%)=14,9000円

    独身の時より、「4万9千円」安くなりました。

 

まとめ

いかがでしたか?

配偶者ができると、
所得税19,000円、住民税33,000円
安くなることがわかりました。

 
70歳以上の親を、扶養すると、
所得税29,000円、住民税49,000円
安くなります。

ここでは、取り上げませんでしたが、
子どもができると、どうなるのでしょうか?
現在は、16歳未満の子どもの扶養控除は、ありません

税金は、扶養する人の年齢、身体の状態、同居の有無、
自分との関係などによって、異なってきますので、
良く理解して、できるだけ、税金を安くしたいですね!

浮いたお金で、奥さんに、
プレゼントをあげるなど、いいですね!

スポンサーリンク

 - 税金に関すること