ボールペン!消せるタイプは履歴書にNGな理由は?

   

スポンサーリンク

就活中の妹が、履歴書を書こうとして
いるのを見て、

「ちょっと何で書こうしてんの!?」
と思わず声を荒げてしまいました。

 
妹が持っていたのは、擦ると消せるタイプの
ボールペン
。修正液や修正テープは履歴書でNGなので、
間違えた時に消せるボールペンを使おうと思った様です。

ペンだし消せるし、履歴書に丁度良いのに。」
と分かっていない妹に、

擦って消えるタイプのボールペンは、
履歴書ではNGな理由
を調べて
教える事にしました。

スポンサーリンク

正式書面ではNGな理由

履歴書に限らず、「書面」として会社
などで使う書類に、消せるボールペンを
使うのはNGです。

消せると言う事は、改ざんも修正も
思いのまま
と言うことになりますから、
信用度が落ちてしまいますね。

 

フリクションタイプのボールペンの仕組み

擦って消えるボールペンは、摩擦熱
65度以上になると消える仕組み。

一旦消えた文字は、ー20度まで冷やせば
復活するのだそう。

日常生活で、書面をそこまで冷やす事はない
ですが、擦る以外で熱くなった為に、消えて
しまう場面
は身近にあります。

スポンサーリンク

どんな場面で消えてしまうのか?

  • コピー機
  • フリクションボールペンで書いた書類を
    コピー機でコピーすると、反射熱で文字が
    消えて
    しまいます。

     
    友人に貸してもらったノートを、テスト
    対策用にちょっと借りてコピーした途端、
    大事なノートが真っ白に。。。

    お詫びの言葉もありません。

    裁判所提出書類は、許可を受ければコピー
    出来ます。コピーした途端に、大事な
    手書きの書面が真っ白になっては困りますね。

    フリクションペンで書いたものをコピーする
    場合は、消えてしまう可能性があるのです。

  • 炎天下の車内
  • 真夏の車内は、かなりの高温に。書類を
    そんな車内に置きっ放しにすると、文字が
    消えてしまうことも。

 

履歴書で見られているところ

  • 採用者は違いが分かる
  • 「履歴書見てる人って、普通のボールペンと
    消えるタイプのボールペンと、書いた後は
    違いって分かるの?」と問いかける妹。

    人事担当の方には、その差異がどうやら
    分かるらしいのです。

    普通のボールペンは濃い目に、
    消えるタイプは薄めに出るのだそう。

    薄めの文字は、その人自身がか細いと言う
    印象を採用者側に与えてしまうことも
    あるそうですよ。

     

  • 間違えずに書く能力
  • 消えないペンで間違えずに書く場面は、
    社会人では日常茶飯事。

    誤字無くペンで書き上げる能力は、
    履歴書でも分かります。

    採用試験でペンで作文を書かされたことが
    ありましたが、

    文章構成力もさる事ながら、間違えずに
    書けるか否か
    も判断しますと言う試験官の
    言葉が印象的でした。

  • 誠実さ
  • 間違えずに履歴書を手書きで書くと言う
    のは、何度も推敲を重ねますし、熱意
    当然書面に表れます。

さいごに

「消しゴムのカスは出ないし、ペンなのに
消せて便利だから勉強や手帳とかに愛用
していたけど、履歴書にはNGなんだね。」

と妹。便利な消せるボールペンは、私も
愛用していますが、専らプライベート用

「書き損じNGが多い会社での書面には、
使えないのよ。書く時に注意散漫はダメ。」

と、入社一年目で私にきっちり指導して
くれた会社の先輩がいました。

クライアントの訂正印がない書面
私が書き損じた時のこと。

私が書き間違えた文字を
カッターの刃先で書面が破れない程度に
丁寧に削り取り

分からない様に手書きで正しく上書きして
私のピンチを救ってくれた先輩の凄技に、
びっくりしたとともに、

「お給料頂いてるなら、
間違えてはいけません。」
と言う厳しくも優しい先輩の言葉に、

ボールペンで書く重みを知った時の事を
思い出しました。

スポンサーリンク

 - 面接・履歴書に関すること