学生が戸惑う敬語!ビジネスでの電話のかけ方とは?

   

今度地元の企業で就業体験予定がある
大学生の弟。インターンシップ先に
電話をかけようと、事前練習中です。

「お姉ちゃん、電話口に出る企業役
やってよ。」とお願いされ、

電話でのやり取り練習をするのですが、
何ともぎこちない敬語で落ち着きません。

 

学生だから仕方ないにしても、
この調子だと、心証が悪くなりそう。

そこで、インターンシップをしようとする
学生が、企業に電話をかける時の敬語や
作法について、
色々と調べてみました。

スポンサーリンク

学生モードの敬語

では、先ず弟が考えた電話口での
敬語を見てみましょう。

もしもし。私、〇〇大学□年生の
××太郎と申します。
お忙しいところ、申し訳ありません

△△の事務所さんのインターシップ
募集の受付は、こちらの電話窓口で
宜しかったでしょうか

この度、△△事務所さんでの
インターンシップに参加したく
お電話しました。

スポンサーリンク

ビジネスモードの敬語

先の例文で、引っかかるところが
かなりありました。一つずつ
見ていきましょう。

学生が使いがちな用法

  • もしもし
  • ビジネスでは、滅多に使いません

    相手も電話を取ると、開口一番に、
    「はい。△△事務所です。」と、
    名乗ります。

    これに対しては、もしもしを省き
    自分の名前を言いましょう。

     

  • △△事務所さん
  • ビジネスでは相応しくありません。
    貴所の〜」と言います。

    〜会社であれば、「御社の…」
    となります。

     

  • 宜しかったでしょうか?
  • ファミレスで注文確認をする時に、
    店員さんが使うバイト用語として
    お馴染みですね。

    まだまだ違和感があるとする人が
    多いこの用法。

    大手外食チェーン店では、マニュアル
    でこの用法を使わない様指導する
    動きもあるようです。

    宜しいでしょうか?」が違和感なく
    聞こえますね。

     

  • 参加したく
  • 「参加させて頂きたく」の方が、
    より丁寧さが出ます。

    「~させて頂く」は相手に許可を貰って
    自分がするという意味合いがあります。

    ということは、例えば上司の指示でする
    行為なのに、「~させて頂く」は少し
    ずれていると言えます。

     
    上司に、「これコピーとって来て。」と
    指示され、「コピーさせて頂きました。」
    と言って渡すのは、おかしいですね。

    逆にお客様の書類を手続き上借りてコピー
    しなければならない時は、お客様の許可を
    乞う形
    ですから、ふさわしいと言えます。

    インターンシップに参加の許可を企業側
    から貰う
    という状況なので、「~させて
    頂く」が、場に合っているでしょう。

     

  • お電話しました
  • 自分が電話をかけている状況に、
    丁寧語の「お」をつけるのは変ですね。
    「電話致しました。」が良いでしょう。

 

悩ましい敬語:「申し訳ありません」

「申し訳ありません」や
「申し訳ございません」。

社会人の私でもよく使いますが、
正式に言うと間違えた使い方の様です。

「申し訳ない」は一つの単語であり、
これで形容詞となります。

なので、「申し訳」と「ない」を分けて、

「ない」だけを「ありません」や
「ございません」に活用するのは
おかしいのだそう。

 
でもあまりに使う人が多いため、本来
間違えた言い方だとはわかりつつも、
相手に合わせて使い分けるのも手です。

立場上、上の方が「申し訳ありません」
と使うなら、自分もそれを使うという
処世術ですね。

弟のケースの場合、「申し訳ありません」
でも許容されますが、「恐縮ですが」や
「恐れ入りますが」でも良いでしょう。

 

ビジネスモードでの例文

上記をまとめると、弟が考えた敬語は、
ビジネスモードだと次の様に修正
できます。

私、〇〇大学□年生の××太郎と申します。
お忙しいところ、恐れ入ります

貴所でのインターンシップの
募集受付は、こちらの電話窓口で
宜しいですか

この度、貴所でのインターンシップに
参加させて頂きたく、電話致しました。

 

さいごに

気を遣うべきは、敬語だけではないよ、
というアドバイスも弟にしました。

  • 対応しづらい朝一や、終業間際、
    お昼休みの時間帯は避けて電話する。
  • 「えーと」「あのー」という
    言葉は使わない。一文を簡潔に
  • 電話を切る時は、かけた方から
    切るのがマナー。

    がちゃ切りにならない様
    片手でフックをおしてから、
    そっと受話器を置く。

などです。緊張気味だと「あのー」
が頻発し
、私も新入社員の頃、上司に
それをよく注意されたものです。

敬語は奥が深いですが、肝心なのは、
誠意なのかな、と思いました。

スポンサーリンク

 - マナーに関すること