扶養家族の意味って何?独身の場合は履歴書になんて書く?

   

先日、友人とランチしていたら、
転職するつもりで、履歴書を書いている
という話をされました。

履歴書って、書く事がいっぱいあって
一枚作成するだけでも、けっこう悩んでしまったりして
大変なんですよね…
 

スポンサーリンク

友人は、
「今回、扶養家族を記入する欄で、結構悩んじゃった」
と言っていました…!

友人は、以前は結婚していたけど、
先日離婚して、今は独身

子供はいませんが
まだ現役の両親の家に、身を寄せています。

「この場合、扶養家族は0人でいいんだよね?」

「うん、そのはずだよー」

と、言いつつ、私も、履歴書を書いたのは結構昔…

 
友人と別れてから
「ほんとにそれでいいんだっけ?」
と、不安になってきちゃいました…

そこで「そもそも、扶養家族の意味って何?」
というところから、調べてみたので
ここで、まとめておきますね!

079738-300x293

扶養家族の意味とは?

扶養家族とは、簡単に言えば
生活の面倒を見ている家族」のことを指し

この扶養家族がいることにより
所得税や社会保険料など、色々な制度上で
控除などの優遇措置を、受けられるようになります♪

 
扶養家族として、認定されるための条件としては

例えば所得税なら、年間の給与所得が103万円以下
(給与所得以外の収入の場合は、年間38万円以下)
社会保険料なら、年間の給与所得が130万円以下

など、制度ごとに細かい規定が置かれていますが
履歴書の、扶養家族欄に書く場合には

扶養される家族の年収が、130万円以上であれば
扶養家族欄には書かないのが、一般的なようです。

 
例えば、Aさんという人を例に考えてみると
「Aさんの収入で、生活の面倒を見ている家族」
が、Aさんの扶養家族となりますから

Aさんが主として働いて
パートで働く妻B(年収130万円以下)と
小学生の子供Cを養っている、というような場合には

Aさんの扶養家族は
妻Bと子供C、合わせて2人となります。

 
逆に、Aさんがパートで働く主婦(年収130万円以下)で
会社員の夫Bと、小学生の子供Cと暮らしている
という場合には

Aさんは、夫Bに扶養されている事になるので
Aさんの扶養家族は、0人となります。

Aさんは、会社員として働いているが
その妻Bも、130万円を超える年収がある場合には
通常、二人のうち収入が多い方が子供Cを扶養します。

 
例えば、Aさんの年収が、400万
妻Bの年収が、250万の場合には
子供Cは、年収の多いAさんの扶養に入ります。

この場合に、妻BはAさんの扶養家族とはならないうえ
子供Cは既に、Aさんに扶養されているので
妻Bの扶養家族は、0人となります。

 
では、独身で子供がいない場合を次に見ていきましょう。

b6a40424f7f07de5dc87f55f5ec54669_s-300x225

独身には扶養家族はいない?

独身で、子供がいない場合には
扶養家族は関係ないよね…?
と、思いがちですが

同居している親族、又は仕送りをしている親族がいて
その生計を支えている、という場合には
その親族を、扶養家族に含めることができます。

 
例えば、先の例のAさんが
独身だが、同居している両親を養っている

または同居はしていないが
仕送りをして、両親を養っている

という場合には
Aさんの扶養家族は、2人となります。

 
逆に、Aさんに収入が無く
両親に養われている、という時には
Aさんの扶養家族は、0人です。

スポンサーリンク

まとめ

扶養家族がいるかどうかは
既婚かどうかや、子供の有り無しではなく

自分の収入に頼って、生活をしている親族
が、いるのかどうかによって、決まるんですね♪

 
私の友人の場合は
独身で、両親と同居していますが

両親はまだ、現役で働いている上
友人自身も、現在働いていて、年収は300万円程度
と言っていたので、扶養家族は、0人

友人に聞かれたときに、答えた事が
間違っていなくて、ホッとしました…!

さっそく、友人に電話して
調べた知識を、伝えてきたいと思います♪

スポンサーリンク

 - 面接・履歴書に関すること