教習所に通う期間の平均とは?プランは良く調べてから決めよう!

      2018/02/05

高校を卒業して、
春から晴れて大学生になった娘

憧れのキャンパスライフを楽しんでいる
様子ですが、もう一つ憧れていたことが、
「運転免許を取ること」

 
今はまだ、新生活に余裕はありませんが、
学年が上がれば色々忙しくなるし、できれば
今のうちに免許は取っておきたいそうです。

地方の教習所での合宿免許など、
短期間で集中的に取れるプランも
あるようです。

 
大学生がスムーズに免許を取得するには、
どんな方法が適しているのでしょうか。
時間は平均どのくらいかかるのでしょうか。

スポンサーリンク

免許取得までにかかる期間

運転免許取得までにかかる期間は、平均で
3、4ヶ月程度
と言われています。

 
教習所に通って、早い場合で2週間、
遅くとも9ヶ月で取得します。

この9ヶ月は、法律によって
定められている期限
なので、
守らなければなりません。

 
また、その他に仮免許の有効期限、卒業検定
を受ける期限
などが定められていますので、
そちらも注意しなくてはいけません。

 

カリキュラムの内容

教習所での普通自動車免許のカリキュラムは、
AT(オートマ)車、MT(マニュアル)
車の2種類
があります。

 
MT(マニュアル)車は、
運転者がギアチェンジをすることで、
速度を変更することが出来る車です。

 
一方、AT(オートマ)車は、
運転者がギアチェンジをする必要は
ありません

クラッチ操作が無いので、
MT(マニュアル)車よりも操作が簡単です。

自動でシフトチェンジするので、
運転技術によって燃費効率に差が出ることも
ありません

 

仮免許までの技能教習は、
AT(オートマ)車12時限、
MT(マニュアル)車15時限、

それぞれ教習所の学科教習が、
2教程から10教程となります。

仮免許取得後にも技能教習を19時限
学科教習を11教程から26教程まで受ける
ことになります。

AT(オートマ)車に比べ、
MT(マニュアル)は免許取得までに
平均して時間がかかる
ことも注意しましょう。

スポンサーリンク

教習所に通学して取得する

通学免許とは、自宅から教習所に通い
免許を取得する手法です。

自分の都合に合わせて通いたい場合、
短期間に集中した休みが取れない場合に
都合がよい方法です。
 

学校や仕事を優先しながら、
空いた時間に通うことができます

早い人で1ヶ月、平均で3ヶ月くらいで、
取得している人が多いようです。

 

但し、教習には期限が設けられています。

先行学科(1教程)を受けてから9ヶ月
以内に
、全てのカリキュラムを終えなければ
ならないことになっています。

まだまだ時間があるとのんびりしていたら、
リミットギリギリになっていた!
ということも。

中には期限を過ぎてしまい、もう一度受け
直す羽目になった
人もいるようですので、
注意したいところです。

合宿免許で取得する

合宿免許とは、教習所の近くに宿泊しながら
一定期間に集中して教習を受ける

運転免許の取得方法のことです。
 

期間は平均2週間~3週間程度。
地方の教習所で行われることが多いです。

自分で教習の予定を組むことはなく、
教習所で決められたプラン通りに受講します。

短期間で免許が取れるので、
夏休みや春休みなど、まとまった休みを
使える人にはメリット
があります。

予約が空くまで待たされる、といったこと
もなく効率的で、短期間で済むために、
宿泊を含んでいながら料金も割安です。
 

また、失敗して何度やり直しになっても
追加料金がかからない「卒業まで保証」
のスタイルを取る教習所が大半。

補習になるたび追加料金がかかる通学型と
違い、最初に想定していた金額で免許を
取得することができます

さいごに

運転免許取得のための費用の一部に
充てるため、せっせとアルバイト
精を出している娘。

調べた内容を一緒に検討してみたところ、
夏休みに合宿で取りに行ってみようと
考えているとのこと。

合宿免許は全国各地で実施されていて、
中には観光地に近い教習所もありとか。

 
同じ年頃の大学生の参加も多いようで、
新しい交友が広がったりと、
色々な楽しみもある様子。

大変なだけでなく、
楽しい夏休みのイベントとしての
免許取得になるといいな
~と思います。

スポンサーリンク

 - その他のこと