スーパーのレジバイトは辛い?始める前に知りたい仕事のこと。

   

今、友人と一緒にバイトを始めようか
探している最中です。

 
探していると良く見るのが
スーパーのレジがかり

「レジ打ちだけならできそうだけど
辛いよって耳にしたこともあるんだよね。
どんな仕事をしていれのかな?」

と友人と話しているのですが
実際はどうなんだろう?

レジだけ?他にする事ってなんだろう?
レジ打ちは簡単?辛い?

 
いろいろと気になること
出てきたのでバイト始める前に
情報収集しました。

スポンサーリンク

スーパーレジはどんな仕事?

スーパーでもいろんな仕事があります。
お店によっても変わってきますが

青果精肉お惣菜お菓子日用雑貨などの部門があります。

 
まずはレジの仕事がどんなものか
紹介します。

レジの仕事内容

基本的にレジ業務がメインになるので
その流れを覚えれば大丈夫。

レジの流れは
商品をスキャンしてキャッシャ(お金を処理)
を繰り返すだけ。

 
数日あれば簡単に覚えられます。
他の部門に比べれが
比較的楽なお仕事かもしれません。

 
レジが基本ですが
商品の補充や陳列・トイレ掃除

慣れてくれば
商品クレームなどの受付カウンター
発注作業も任されることもあります。

 
クレームなどの対応は辛く大変ですが
最初から難しいことや大変なことを
任されることはないです。

スポンサーリンク

どうやってレジの操作をするの?

レジを触ったことがないし
操作も大変そう。

いきなり今日からレジですしてください。
と言われたらどうしようと
思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。
 

ほとんどのスーパーでは
レジ打ちの研修があり
丁寧に教えてもらえます。

何度も練習したあと
ベテラン先輩と一緒にレジに立ち

解らないことがあれば
教えてもらいながら学んでいきます。

 
基本的な事を研修で教え
ミスした時の処理・割引の処理

お客様が返してきた商品の処理
など細かいことは実践しながら
教えていく。

そういった流れでやっていく
お店が多いようです。

 

レジバイトのメリット

バイトをするからにはメリットがあれば
仕事のモチベーションもあがります

メリットは、

  • 仕事の時間の融通がききやすい
  • 従業員割引
  • 商品の値段に敏感になる
  • マナーや礼儀が学べる
  • 新商品がいち早くわかる

 

などがあります。

 
他にも、
売れ残りをもらえたりするところもあります

デメリット

もちろんメリットだけではありません。

デメリット

  • 暇な時は立っているだけで辛い
  • 冬は足元が寒い
  • 立っている時間が長いので足腰にくる
  • 年齢層が広く人間関係が大変
  • 忙しい時に声かけられると大変

などがあります。
 

お客さまにもいろんな人がいるので
クレームの対応も大変です。

 

店選びに大切なこと

仕事の内容がいまいちわからない人は
スーパーに行って

バイトの仕事を見てみること
1番わかると思います。

 
人に聞くより自分で見るほうが
確かな情報が得られます。

自分で通いやすい場所にあるのかも
調べておくことも大切です。

通うこと自体が苦痛な場所
続きません。

 

あとは、レジの台数も確認
レジ台数が多ければ

お客さまも多いことになります。
どれだけ忙しいかがなんとなく
わかると思います。

ゆっくりとバイトをしたいと言う人は
忙しいと辛いかもしれません。

 

まとめ

レジ打ちのバイトは
スーパーの他の部門に比べれば

比較的楽な仕事では
ないでしょうか。

しかし、お客さんからのクレームだったり
商品の説明を求められたり

商品の陳列をする際、重いものを
運んだりしないといけなかったりと
辛いこともたくさんあります

仕事内容メリット・デメリットなど
辛いことはなにかを考えてみてください。

私は、やってみました。
辛いこともあります

バイト先のおばちゃんたちが
優しくて面白い方ばかりで
楽しくやっています

レジ打ちもなんとか覚えやっています。

ときどき、
お客さまに「これやっぱりいらない」

「これはなに?」なんて

イレギュラーなことがおこると焦りますが
先輩たちに教えられ何とかやっています。

スポンサーリンク

 - サービス業に関すること