エステティックサロンを開業するにはどんな資格が必要?!

   

スポンサーリンク

友人とランチに行った時の事です。友人は子育てが一段落したので、第二の人生をかけた仕事をしたいと思ったそうです。今から仕事をするには、やり甲斐があり、人の役にたつ仕事をしたいと自分の夢について熱く語りだしました。美意識の高い友人は、若い頃からエステティックサロンに通っていました。

エステティックサロンに通っているうちに、手に職があって、お客様を美しくするエステシャンはとても素晴らしい職業だと思うようになり、自分もやってみたいと思ったそうです。エステティックサロンを開業するには、どんな資格がいるか必要なのか解らないと言うので一緒に調べて見ました。

スポンサーリンク

エステティックサロンとは?!

一言でエステティックサロンと言っても、現在では色々なエステティックサロンがあります。エステティックサロンとは、痩身脱毛全身美容美白リラクゼーションなど様々な施術で美しく変身させてくれる施設のことです。ではエステティックサロンではどのような施術の種類があるのかご紹介します。

  • 脱毛
  • 全身、ワキ、Vライン、フェイス、腕、脚などの脱毛をします

  • フェイシャルエステ
  • シミ・くすみ・たるみ・浮腫みケア、毛穴洗浄、ニキビケア、保湿、小顔など顔全体のケアをします

    スポンサーリンク

  • ボディーケア
  • リンパマッサージ、痩身マッサージ、赤外線ドームサウナ、ホットストーン、マシンケアなど全身のケアをします
    ※様々な機械とエステシャンのマッサージを組み合わせたプランがあります。

  • フットケア
  • 足つぼマッサージ、リンパマッサージ、かかとなど脚のケアをします

  • バストケア
  • バストアップ、左右改善、女性ホルモン調整マッサージなどバストのケアをします

  • ヘッドスパ
  • ツボ押しマッサージ、白髪・薄毛頭皮改善、髪と地肌のマッサージケアなど髪と地肌のケアをします

  • ネイル
  • バイオジェル、マニキュア、ペディキュア、ハンドマッサージなど爪のケアをします

  • ブライダルエステ
  • 全身の痩身、フェイシャル、癒し、トリートメントなど結婚前のトータルケアをします

エステティックサロンを開業するにはどんな資格が必要?!

エステシャンの資格に国家資格はありません。しかしなんの知識もなくエステシャンになれるわけではありません。エステティックサロンに通う側としても、きちんとした知識経験があり、たくさんの資格を持っているエステシャンに対応してもらいたいものです。ではエステティックサロンを開業するにはどんな資格が必要なのかご紹介します。

  • 認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)・・・日本エステティック協会
  • プロのエステティシャンや、指導者、開業をするには必須の資格です。エステティシャンに関する知識や理論、技術など幅広い知識が必要になります。また、資格取得後はエステシャン養成スクールなどの講師を務めることができます。

  • スパセラピー・ディプロマ・・・CIDESCOインターナショナル
  • スイスに本部がある国際エステティック団体の国際組織CIDESCO(シデスコ)が実施している、認定している資格です。CIDESCO(シデスコ)は世界で33ケ国が加盟しており、国際ライセンスとして国内外でエステシャンとして働く事ができます。

  • 認定ビューティーセラピスト・・・日本スパ・ウエルネス協会
  • 認定ビューティーセラピストを習得すると、オーストラリア、ニュージーランド、香港、韓国、日本の5ケ国が加盟しているIPSN(国際職業人標準機構)のジュニアビューティシャンの資格も習得できます。さらに1年以上実務経験があれば、ビューティーセラピストの資格も習得できます。国際ライセンスとして国内外でエステシャンとして働く事ができます。

さいごに

友人は見事エステサロンを開業する事が出来ました。もちろん一番最初のお客様はこの私です。久しぶりに行ったエステティックサロンは、とても癒され身も心もとても充実した時間を過せました。友人が言っっていた様に、エステシャンは人を幸せにしてくれるマジシャンだと思います。

友人が開業したエステティックサロンなので、ちょこちょこ通う事にしました。日々色々な事に頑張っている自分に、心と身体に栄養を与えるご褒美をあげたいと思います。人を幸せにする仕事を手に入れた友人を見て、私はとても羨ましくなりました。

スポンサーリンク

 - 美容系のお仕事に関すること